光あけぼの園のホームページ

  • 光あけぼの園へのお問い合せ、ご注文
  • 光あけぼの園の清掃事業
  • 光あけぼの園 結ショップ ラインナップ
  • 光あけぼの園 はんぷ工房「結」
  • 光あけぼの園の概要
光あけぼの園 周辺地図
Googleマップ

access:〒743-0046
山口県光市木園1-14-1
tel:0833-74-3333
fax:0833-74-0011
mail:yui@selp.or.jp
closed:日曜祝祭日/第1・3土曜日

"YUI" shop hours
平日:10:00~17:00
土曜:10:00~16:30
closed:日曜祝祭日・盆・年末年始

光あけぼの園スタッフブログ
周南あけぼの園

光あけぼの園 ハンプ工房「結」

伝統ある倉敷帆布に描く色とりどりの世界と沢山の時間

バッグ制作販売チーム「はんぷ工房 結」は、刺繍や縫製などを得意とするメンバーで2006年に周南あけぼの園で立ち上げ、2012年6月に光あけぼの園へ移転いたしました。世界的にも品質に定評のある倉敷帆布に、一糸一刺縫い付けたとりどりの糸。それらはしばしば思いがけない稜線を描き、常に新しい驚きを与えてくれます。
結の活動も少しづつ広がり、全国各地からのカタログによる注文販売も行っております。 メンバーがたくさんの時間をかけて制作するオリジナル刺繍のバッグなどは、色彩、ステッチ共に高い評価を頂いており、世界に一つだけのバッグとして人気があります。>>yui blog

周南あけぼの園「アトリエnon」と光あけぼの園「はんぷ工房 結」によるイベント等は今後も一緒に行います。

「結」のバッグがあなたとわたしたちを結んでくれたら・・・
そんな思いを込めてお届けします。

img img img
伝統ある倉敷帆布に描く色とりどりの世界と沢山の時間

帆布(canvas)とは平織りで織られた厚手の布。通気性に優れ、とても丈夫でへたりにくく、使い込むほどに味が出てくることが特長です。


1930年代には最も丈夫な布としてトラックの幌や貨物列車のシート、テントなど、生活のありとあらゆる箇所に使用されていました。化学繊維などが一般的になり綿帆布のシェアは減少しましたが、それでも綿帆布を必要とする製品は数多く存在しています。
また、近年ではその優れた強度と素朴な素材感から帆布が見直され、海外の大手ファッションブランドなど様々な製品に使用されるようになりました。


はんぷ工房「結」では、倉敷にて古くから帆布を作り続けている「丸進工業」の帆布を使用しています。良質な生地とともに、結の世界をお楽しみください。


>>丸進工業株式会社

はんぷ工房結メンバー

img

img

作業全般を行い、工房メンバーをまとめる。
趣味はビーズアクセサリーを作る事。
「かっこいい人探しが大好き」と話す。

img

img

ずば抜けた色彩感覚や独特の縫い方で人気を集める。
性格は明るく好奇心旺盛。
いつもアンパンマンの枕カバーを持ち歩いている。
アトリエnonでも活躍中。

img

img

几帳面で何度も完璧にこなすまでやり遂げる。
性格はおちゃめで、スターになりきり笑いを得る。
歴史や城の雑誌を見るのが好き。

img

img

入園初日からウエスとポーチが作りたいと、とても積極的だがマイペースな一面も多々あり。
好きな食べ物は、いちご・オレンジ・ミカン。

img

img

ミシンを踏みながら、明るく工房内を盛り上げる。
自慢はピアノを弾く事。
音を聞き自分なりに音を作り演奏することが出来る。
そして根っからの韓流スターファン。

img

img

自然なスケッチは芸術性も高い。
とにかく元気で踊り歌うことが大好き。
嵐が好き。
お菓子が好き。

img

img

何事にもマイペースでオシャレさん。
刺繍の色合いはきれいでファンも多い。
生年月日から生まれた曜日を当てる事が得意。

img

img

たいへん努力家で丁寧な仕事をする、期待の大型新人。
おしゃべりが大好き。

光あけぼの園ページ上部へ戻る